事業戦略の組み立て方

営業時間 平日10時~16時

TEL 092-753-7854

FAX 092-753-7536

メールのお問い合わせはこちら
事業戦略の組み立て方

事業戦略の組み立て方

日付:2016年03月12日

toushi_money
今日は、自社の事業の戦略を練る時のロジックについてお伝えしていきます。


予算計画や来期の事業目標を立てるとき、もしくはこれから起業していく場合に、自分がこれからやっていくための事業の戦略を考える必要があります。

この戦略を練らなければ、自分の事業に対する将来的な持続性がなく、企業としては1年ないし3年くらいでつぶれるでしょう。

現在、1年未満に廃業する会社はおよそ全体の約70%が倒産するといわれています。

その理由は、この事業戦略がうまくたてられていないからです。


将来に対する予測、リスクヘッジは大切な経営戦略です。

まずは、その事業戦略を練るための4つの重要なファクターをお伝えしましょう。


①明確な長期目標
②どのような商品を提供し、どの市場を狙い、どの分野で活動していくのかという自社の存在理由の定義
③自社の競争優位性はなにか
④企業が自ら選んだ競争環境において、社内コンテクストがなぜ競争優位性をもたらしているのかというロジック


この4つの要素が明確になっていないと事業の継続性としては難しくなるでしょう。


実際、ここまで考えて経営を行っている経営者の方は少ないです。

しかし、経営者の仕事は、企業の方向性の位置づけと経営戦略を練ることです。

中小企業の経営者は実務も兼ねており、そのことを考える時間がない方が多いでしょう。

しかし、本当に今ある事業を継続させていきたい場合、このことを考える時間をどれだけ割いているのかが重要になってきます。


現在の位置づけと将来の戦略は売上を何十倍以上に押し上げていく土台になります。

売上を何十倍にしている企業は、この部分をおろそかにしていません。


まずは、きちんと無形資産を築きあげていきましょう!!


弊社、FP事務所TYCHEでは、このような「経営の仕組みづくり」のお手伝いもさせていただいております。


もし、ご興味のある企業様がいましたら、お気軽にご連絡ください。


皆さんもこの機会に、今後企業をより発展させていくために「企業の右腕」を手に入れませんか?


当事務所は経営者様のNo.2をモットーに一緒に考えていきます。
メイン画像