原価率の策定

営業時間 平日10時~16時

TEL 092-753-7854

FAX 092-753-7536

メールのお問い合わせはこちら
原価率の策定

原価率の策定

日付:2016年02月25日

toushi_money
企業がうまく回っていくために1番大事なことがあります。

それは、原価率を決めることです。


ここを失敗したら、その商売は長く続かないでしょう。

そのくらい原価率は経営していくためには重要なファクターになります。


飲食業などはよく原価率は30%などと言われていますが、業界によって原価率は変わってきます。


ポイントは、

①初期投資があまりかからない産業(ITや教育など)は原価率が比較的高い
②初期投資がおおくかかる企業(製造業、飲食、実店舗の小売業)は原価率が比較的低い



という点です。

ご自身の行っている商売はどちらの産業に当てはまるでしょうか??


そして、原価率を決めるポイントは競合他社の存在となります。

他店より少しでも安くするとお客様が集まるような商売をやられている方は、原価率を市場に任せてしまう形になります。


しかし、自社のオリジナルブランド(ここでしかない商品・サービス)があれば、原価率が高い産業でも原価率を低くすることができます。


ということは、原価率を決める時に大事になることは

①独自性のある商品・サービスを扱っているか
②自社の収益体制を理解したうえで、損益分岐点を理解していること



ということです。

皆さんも、今後商売を長く続けていくためには、このようなことを考えたうえで、経営を行っていきましょう。


弊社では、このような財務からの分析・提案を主体に行っております。

もし、ご興味のある企業様がいましたら、お気軽にご連絡ください。


皆さんもこの機会に、今後企業をより発展させていくために「企業の右腕」を手に入れませんか?


当事務所は経営者様のNo.2をモットーに一緒に考えていきます。
メイン画像